にっしーのしょ~もね~BLOG
にっしーこと管理人ニシダがアニメやら日々のことを主にまったり進むBLOG。 相互リンク大募集中ですよん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十五撃目 人に誉められるのがこんなに嬉しかったなんて
今日の名ゼリフ
 
目が・・・目がぁ~!
 
出典は明らかにしなくともみんな分かるであろう。
改めて見直すとこの人物は名ゼリフばっかしだったな、うん。
まぁともかく。
主人公に立ちはだかる物語通しての敵ってのは古今東西様々なタイプがいますよね。
あくまで、ライバルじゃなくてですよ。
ライバルってのは高確率で仲間になります。蒼き鷹の人とか、どっかの惑星の王子とか。
で、も数万もの艦隊で地球を潰しにかかるでかい宇宙人とか、自分自身に変なパーツ埋め込んで、「私は世界となったのだァ!」とか言うやつ、色々います。(喩えに・・・ロボモノおおいのはどうせ俺の趣味だよ
まぁ、何が言いたいかってと珍しいタイプのだったな、と。
カリスマ性があり、力に憧れる。んでも、世の中から見た絶対悪とは言えないじゃないですか。よくある「この世界の人間はみんな死ぬべきだ」みたいな。
で、何気に射撃がウマかったりするしさぁ、見た目はともかくとしていかにも主人公に立ちはだかるじゃん。
 
 
なんだよ、あの最期は。
 
 
普通さ・・・、なんだろ、こう、話の終る頃ってがなんか言うじゃん
「俺を倒した所で無駄だ・・・世の中に悪がある限り第二、第三の俺がでるぞ・・・」みたいな考えさせられるようなセリフ。
もしくは、「よかったよ・・・強い子に会えて・・・」みたいにこう、最後の最後で視聴者がを大好きになるような。
 
 
それに比べておい、ム●カ、てめーはいったい・・・
 
まぁ、うん。そんなわけで心に残った名ゼリフだよ。 
 
 
 
 
~現実での使用法~ 
目に何かあったときに使えばいいジャマイカ
 
 
 
↓いや、まだ続くよ
[十五撃目 人に誉められるのがこんなに嬉しかったなんて]の続きを読む
スポンサーサイト
九撃目 読者的にも島田って誰だよ
乳酸菌摂ってるぅ?
ローゼンメイデン 水銀燈 
 
 
人形師ローゼンが作った究極の人形、ローゼンメイデン。
彼女たちはいくつもの時代を超え、己が願いをかなえる為に姉妹同士で戦うこととなる。
 
ローゼンメイデンの第4ドール、蒼星石の契約者である芝崎元治は高血圧で苦しんでいた。
そんな元治の所に、蒼星石とは違う黒いドレスで包まれた人形が現れる。
そしてその黒いドレスの人形は、錯乱したている元治へ向って急に声をかけた。
 
『ふふふ、怒っちゃ駄目、血圧上がっちゃうわよ、乳酸菌摂ってるぅ?
 
 
 
 
 
 
 
 
[九撃目 読者的にも島田って誰だよ]の続きを読む
一撃目 ニシダ再誕
 
「いいか、シモン。自分が信じられないなら自分を信じるな、俺を信じろ!お前を信じる俺を信じろ!!」
天元突破グレンラガン カミナ
 
 
敵の大型機動兵器ガンメンに襲われ、対抗する為に主人公シモンは自分が発見したガンメン「グレン」で反撃に出ようとする。
だが、敵の巨大なガンメンと闘う勇気がシモンは持てない。
そんな中、シモンの兄貴分カミナが言った言葉。
 
死ぬか生きるかの極限状態でありながら、それでもシモンを信頼するカミナの姿勢がよく分かる。
また、この言葉でシモンも勇気づけられ、敵と戦うことを決心する。
 
 
 
~現実世界での使用例~
木村「やっぱり、人間が空を飛ぶなんてむりだよ・・・」
にっしー「いや、木村、お前ならできる!いいか、木村。自分が信じられないなら自分を信じるな、俺を信じろ!お前を信じる俺を信じろ!!」
 
[一撃目 ニシダ再誕]の続きを読む
第十七話 三上ある本!ジャンプへの謎の道のり
みんなぁ~!!今週の週間少年ジャンプは読んだか!?




なぁんと、なんと!!あの極道一直線三上龍哉さんの読みきりがァ!!

非常に驚きました(゜o゜)&何故集英社に?

・・・やっぱ編集長の力かな?
今のジャンプの編集長、新人発掘とかしょっちゅうやるからいいですよね♪

でも、、、彼は新人じゃないようなwww

とりあえず、まだ読んでない方是非読んで!


てか、極道一直線てなに?って思った人は絶対買って下さい(ぇ

極道一直線 1 (1) 極道一直線 1 (1)
三上 龍哉 (2004/03/30)
小学館

この商品の詳細を見る
極道一直線 2 (2) 極道一直線 2 (2)
三上 龍哉 (2004/08/30)
小学館

この商品の詳細を見る
極道一直線 3 (3) 極道一直線 3 (3)
三上 龍哉 (2005/01/28)
小学館

この商品の詳細を見る
極道一直線 4 (4) 極道一直線 4 (4)
三上 龍哉 (2005/09/30)
小学館

この商品の詳細を見る
極道一直線 5 (5) 極道一直線 5 (5)
三上 龍哉 (2006/02/28)
小学館

この商品の詳細を見る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。