にっしーのしょ~もね~BLOG
にっしーこと管理人ニシダがアニメやら日々のことを主にまったり進むBLOG。 相互リンク大募集中ですよん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十九撃目 いつの間にやら月末。
 
「これが、勝利の鍵だ!」
勇者王ガオガイガー 次回予告
 
 
なんだかな。久しぶりっつーか、10年ぐらいぶり?wwwに見たくなってDVDかりてみたらツッコミどころ満載のアニメだったんだよなこれ。
いや、ホントはファイナルの方がスパロボでしか分からんからずっと見たいと思っててそっち見ようと思ったんだが何故か最初っから見たくなったのだよぉ。
 
まぁ、とにかく。
次回予告のしめと言ったらこれですな。時には強引じゃねーか?と思うかいもあったりしますがな。
てか、他にも様々な有名ゼリフあるのだが、凱が言ったのは檜山さんの演技のせいで言葉にできないってwwwww
しかもたいてい「勇ゥ気だァァァァァァァァァァッッッッ!!!!!」とひたすら言いまくる。叫びまくる。すげぇよ。
 
・・・なんか感想になってるような。まぁ、こんなのもあってもいいだろ。
[十九撃目 いつの間にやら月末。]の続きを読む
スポンサーサイト
十八撃目 ホワイトアルバムアニメ化・・・ギアッチョのことかァーッ!?
勝手にいじけたこと言ってひがんでんじゃねーよ!傷つかない人生の方が綺麗事じゃないか!
マクロスプラス イサム・ダイソン
 
 
歌手になる夢を諦め、ヴァーチャルアイドル「シャロンアップル」のサポートをする幼馴染ミュンが、主人公イサムのように少年頃の夢を持ちながらそれを叶えたかったと言うミュンの告白に対してのイサムのセリフ。
確かに、どうしようもない現実や社会の壁があったらそこで折れることも大切かもしれません。
だから誰でもアニメの主人公の様に筋を通したカッコイイ生き方をしたいと思う。
ミュンの気持ちはある意味現実社会の視聴者の心とダブります。
 
それに対してのイサムのセリフがこれ。
お調子者で問題児でもあるイサムですが、決めるときゃ決めます。えぇ。
プラス作中までにイサムもイサムで何らかの苦労(上官侮辱罪関連?)があったからこんなセリフが言えたんだとも妄想してみる。
 
夢にひたすらに走れば、いつかそれが叶い空だって飛べる―――――。
そう思い、これからもがんばって生きていきたいですね。
 
もしも叶わなくても、最後のミュンみたいに下手だと罵りながらも歌を聞いてくれる人が見つかればまたそれも幸せなんですからな。
 
 
 

[十八撃目 ホワイトアルバムアニメ化・・・ギアッチョのことかァーッ!?]の続きを読む




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。